フランスミシュランガイド1つ星シェフ濱野雅文氏の特別講師授業

2016.01.15 Friday

特別講師の授業に本校卒業生で 現在フランスで活躍中のミュランガイド1つ星レストラン“Au 14 Fevrier”オーナーシェフの濱野雅文氏(中村調理製菓専門学校・平成7年卒)が来校しました。

濱野氏は中村調理製菓専門学校を卒業後、フレンチの鉄人の坂井宏行氏お店、東京のラ・ロシェルに就職し、フランス料理の技術を磨きました。
その後、フランスに渡り様々な経験をを積み、2012年フランス版ミシュランガイドブックで1つ星を獲得して以降4年連続で星を獲得し続けています。

久しぶりに母校に来ていただいた憧れの先輩に、学生たちが授業の一環として運営している学生食堂を食べていただきました。


《左から濱野雅文シェフ、手伝いに来てくれたラ・ロシェル福岡スーシェフの結城光太郎さん(中村調理製菓専門学校・平成16年卒)、本校校長》


濱野氏は福岡の老舗ホテルであるホテルニューオータニ博多で行われた凱旋フェアを終えた直後で、今回の授業はフェアのテーマであった糸島の食材(濱野氏は糸島出身です)を使ったメニューを教えていただきました。






《濱野氏が作ったスープを味見をさせてもらいました》

濱野氏の作るデザートで代表的なものとして、『ホワイトチョコレートのドーム仕立て』があります。
このデザートはボール状のホワイトチョコレートに温かいソースを掛けると、中からムースとシャーベットが出てくるという驚きの演出があるもので、ソースを掛ける瞬間が一番の見所なのです。
いつもは授業中のスマホ使用は禁止なのですが、濱野氏から特別に動画撮影の許可出て、学生達はここぞとばかりに撮影していました。




授業中はフランスと日本の違いや、フランスに渡ったきっかけなど普段はなかなか知ることのできない話を沢山聞かせていただきました。
これから就職していく学生たちへのエールやアドバイスもいただき、濱野氏のように世界のトップで活躍を夢見る学生にとって、大きな影響を与えてくれたことと思います。



《フォアグラとシューブルを詰めたシャンピニオンのロースト カレー風味の蕪のピューレ添え 軽いオレンジソースと共に》


《アラカブのポワレと加布里のハマグリのナージュ仕立て 多彩なハーブの香り 糸島野菜をあしらって》


《ごく薄く仕上げたホワイトチョコレートのドーム仕立て フロマージュブランのムースと甘酸っぱい『あまおう』シャーベット 彩のフルーツを華やかに飾って キラキラ輝く熱々のライチのソースを注ぐその時…》


活躍する卒業生 ミシュランスターシェフ
http://www.nakamura-s.com/chori/chori/message/

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー

最新の記事

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

アーカイブ

リンク

  • 資料請求
  • 体験入学

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

福岡で調理、製菓、製パン技術を学ぶ 中村調理製菓専門学校

Copyright ©Nakamura senshu gakuen. ALL Rights Reserved