日本最大級の製菓コンクールで金賞&全国最多受賞

2015.10.02 Friday

2015年9月に開催された日本最大級の洋菓子コンクール「ジャパン・ケーキショー東京 エコール部門(学生部門)」において、本校学生が全国最高位となる金賞1名を含め6名受賞しました!
受賞数6名は全国の製菓専門学校でナンバー1という快挙です。


<受賞学生6名です>

また、今回受賞した金賞は全国各地からエントリーされた521作品の頂点となる全国最高位の賞となっております。
今回は学生のみならず、ジュニア一般部門と小型工芸部門で本校教員も3名受賞しております。

本校学生と教員合わせて9名受賞は本校史上最多受賞となりました。

今まで受賞してきたナカムラの先輩たちを目標に、多くの学生たちが日々授業・アルバイトと忙しい学生生活の中準備をすすめてきました。
途中でくじけそうになることもあったと思いますが、みんなで同じ目標に向かってるからこそ頑張れたのだと思います。

その結果、受賞数がナカムラ史上最多&2015エコール部門最多受賞という輝かしい結果となりました。
今年は1年生も見事受賞し、ナカムラの実力はこれから更に飛躍しそうな予感です。

ジャパン・ケーキショー東京に参加したみなさん、本当にお疲れ様でした!



本校受賞者一覧
エコール部門(学生部門)
金賞 平河 瑞穂さん 製菓技術科2年生(福岡市立福翔高等学校出身)
銅賞 田中 舞さん 製菓技術科2年生(杉森高等学校出身)
銅賞 太田 朱香さん 製菓技術科2年生(精華女子高等学校出身)
銅賞松尾 和泉さん 製菓技術科2年生(佐賀県立牛津高等学校出身)
銅賞 大坪 美由希さん 製菓技術科2年生(福岡市立福岡西陵高等学校出身)
銅賞 田原 奈津紀さん 製菓技術科1年生(熊本市立必由館高等学校出身)

ジュニア一般部門
大会会長賞 嘉村 みなみ先生(中村調理製菓専門学校 助手)
金賞 増澤 美由紀先生(中村調理製菓専門学校 助手)

小型工芸菓子部門
銅賞 花田 瑞季先生(中村調理製菓専門学校 助手)



受賞作品

エコール部門 金賞 平河 瑞穂さん 製菓技術科2年生(福岡市立福翔高等学校出身)


エコール部門 銅賞 田中 舞さん 製菓技術科2年生(杉森高等学校出身)


エコール部門 銅賞 太田 朱香さん 製菓技術科2年生(精華女子高等学校出身)


銅賞松尾 和泉さん 製菓技術科2年生(佐賀県立牛津高等学校出身)


銅賞 大坪 美由希さん 製菓技術科2年生(福岡市立福岡西陵高等学校出身)


銅賞 田原 奈津紀さん 製菓技術科1年生(熊本市立必由館高等学校出身)


ジュニア一般部門 大会会長賞 嘉村 みなみ先生(中村調理製菓専門学校 助手)


ジュニア一般部門 金賞 増澤 美由紀先生(中村調理製菓専門学校 助手)


小型工芸菓子部門 金賞 花田 瑞季先生(中村調理製菓専門学校 助手)



中村調理製菓専門学校 コンテストの受賞歴
http://www.nakamura-s.com/chori/about/contest/

全国の入賞者リスト
http://yogashi.net/wp/wp-content/uploads/2015/09/.曄璽爛據璽献▲奪徑1.pdf


製菓1年生最後の授業 1年間の成長!

2015.03.09 Monday

ナカムラの製菓1年生が入学して初めての授業で作るケーキはひとり1台のガトーフレーズ(イチゴのケーキ)です。
このガトーフレーズは「スポンジを焼く」「クリームを塗る(ナッペ)」「絞り(デコレーション)」といった製菓の基本技能が求められるケーキだからです。
そして1年生最後の授業もひとり1台のガトーフレーズを作ります。
この最後の授業の名前は習熟度確認。
あえて”最初”と”最後”に同じケーキを作成することで、1年間で自分自身の技術がどれだけ成長したかを確認するのです。

また、この授業では、自分だけでなく全員の成長もみるために、ケーキを実習台に並べ、一番良くできたと思うものに投票も行います。
それにより、自分自身の成長だけでなく、現在の自分と仲間の差を客観的にみることができます。




<投票で選ばれた学生へ記念品(先生作のクッキー)贈呈>


ナカムラの授業は実習中心。
製菓技術科(2年)は週3日もの実習授業があります。
この実習中心の1年間を過ごしてきた学生たちの成果はこのガトーフレーズのナッペやデコレーションをご覧いただければ一目瞭然!


<最後の実習授業で作ったガトーフレーズ>


<最後の実習授業で作ったガトーフレーズ>


<最後の実習授業で作ったガトーフレーズ>


ちなみに下は入学後初めて作ったガトーフレーズです。



2年次にはクラス替えがあるので今のクラスメイトとの実習もこれで最後。
慣れない実習や学園祭などを一緒に頑張ってきた仲間なだけに、1年生最後の実習授業はとても感慨深い様子でした。



<クラス代表が1年間の感謝の気持ちを伝えていました>



2年生からはケーキショップ実習も始まり更に授業の内容もレベルアップです。
基本をしっかり身につけお客様に喜んでいただけるお菓子が作れるパティシエを目指していきましょう!



<クラス担任の先生の似顔絵付きガトーフレーズです>


中村調理製菓専門学校 製菓・製パン系学科
http://www.nakamura-s.com/chori/seika/


 

第9回 製菓卒業制作展を行いました

2015.03.05 Thursday

2月27日(金)から3月1日(日)にかけて、今年度卒業の製菓製パンを学ぶ学生たちの卒業制作展を天神地下街で行い、3日間で7000人以上の方に作品をご覧頂きました。
今年度は1期生となる製パン学科の卒業年次生も加ったため、作品の幅も数もひろがり、卒業制作展会場は今まで以上に華やかなものとなりました。





前日に校内の審査会を経て、最優秀賞などが決定しました。
その作品も会場に並び、ご来場いただいた多くのお客様から「きれい!」とか「美味しそう!」など感想を聞くことができ、お客様によろこんでいただく事の幸せを実感した学生たちでした。

4月から、大きな希望と夢を持って、それぞれの道に進んでいく学生たち。
お客さまを笑顔に出来るパティシエ・パン職人になってくださいね。


福岡県洋菓子協会賞


中村調理製菓専門学校校長賞


優秀賞









中村調理製菓専門学校 製菓・製パン系学科
http://www.nakamura-s.com/chori/seika/

製菓卒業制作展を行います!

2015.02.20 Friday

今年で9回目となります「製菓 卒業制作展」を2月27日(金)より3日間開催いたします!

製菓技術科(2年)・製菓衛生師科(1年)そして今年1期生の製パン学科(1年)をまもなく卒業する学生たちが、学校で学んだことをチョコレート細工・パステイヤージュ、アメ細工、マジパン細工、バタークリーム、パン細工など計47点にものぼる作品を通じて表現いたします。

卒業年次生は卒業制作の作品締切日近くまで、細かな部分にもこだわり続け最高の作品作りをしています。







天神地下街1番街イベントスペースにて開催いたします。(入場無料)
ナカムラを巣立っていく製菓卒業年次生による、あま〜いお菓子の世界を是非お楽しみください。


製菓 卒業制作展

開催日時
2月27日(金) 13:00〜20:00
2月28日(土) 10:00〜20:00
3月 1日(日) 10:00〜17:00

開催場所
天神地下街1番街イベントスペース
(福岡中央郵便局出入口近く)



<人気絵本をテーマにしたパン細工>


<パステイヤージュ細工による夢のウェディングケーキ>


中村調理製菓専門学校 製菓・製パン系学科
http://www.nakamura-s.com/chori/seika/

製菓フランス短期留学プレ授業

2014.12.12 Friday

ナカムラの製菓技術科(2年)には、フランス3ヶ月短期留学があります(希望者のみ)。

お菓子の本場フランスに3ヶ月間滞在し、フランス政府認定の製菓専門学校で製菓技術、さらに語学学校でフランス語も学びます。
もちろん授業は全てフランス語!
製菓技術とフランス語も身につくプログラムです。

留学は毎年1年次の3月末から2年の6月末まで。
先日、留学先の製菓学校の副校長先生、語学学校の校長先生と奥様が来校くださいました。
奥様は日本人の方なので、いつもフランス滞在中の学生たちの心の支えとなってくださっています。



今回は、来春留学する学生16名が集まり、留学先の校長先生方と顔合わせ、留学先の学校についての説明、そしてフランス語の授業までもしてくださいました。
慣れないフランスでの生活をよりスムーズにと、留学先の校長先生方から申し出てくださり実現しました。
 


ナカムラで毎週フランス語を学んでいる学生たちですが、やはり基本のアルファベットから!ということで本場の発音で教えていただきました。
初めは緊張していた学生たちも、次第にリラックスし、笑顔が出始めました。



あと2回、フランス語を教えてくださるとのことです。
フランス留学に対する不安も少しずつ解消され、期待と楽しみがどんどん増えてきたのではないでしょうか。



中村調理製菓専門学校の製菓系学科短期留学・ヨーロッパ研修特別講師 
http://www.nakamura-s.com/chori/life/overseas-seika.html

日本のフランスパンの神様来校!

2014.11.13 Thursday

今年度からナカムラに新設されたパン職人を目指し製パン技術を基礎から学べる製パン学科。
今回、その製パン学科の特別講師として「ビゴの店」(兵庫県芦屋市)オーナーシェフ フィリップ・ビゴ氏が来校されました!



ビゴシェフは「日本のフランスパンの神様」とも言われていて、フランス最高のレジョンドヌール勲章も受章されている方です。

今回は、ナカムラの特別講師として初めてのお招きです。
ナカムラの学内はワクワクとドキドキが交錯していました!

しかし、授業が始まってみると、ビゴシェフの気さくな人柄と楽しい会話で(途中冗談もたくさん交えてくださいました)終始和やかなムードの授業となりました。

とはいえ、「日本のフランスパンの神様」の神業を、真近でみるチャンスです。
学生達は、目を凝らし真剣にビゴシェフの技を見て学んでいました。



ビゴの店 本店
住 所:兵庫県芦屋市業平町6-16
tel:0797-22-5137
http://www.bigot.co.jp/

中村調理製菓専門学校の特別講師 
http://www.nakamura-s.com/chori/about/teacher/
 

【速報】2014ジャパンケーキショー東京 4名受賞

2014.10.14 Tuesday

速報です!

本日より東京で開催されている日本最大級の洋菓子技術コンテストである「2014ジャパンケーキショー東京」において
本校学生4名がみごと銅賞を獲得しました!!

■銅賞 受賞者
☆因沙也加さん(中村学園女子高校出身)
☆戸根大志さん(福岡県立戸畑工業高校出身)
☆平本綾香さん(長崎県立壱岐高校出身)
☆杉田華穂莉さん(宮崎県立宮崎農業高校出身)

受賞された皆さん、おめでとうございますkyuき
詳細は、後日またお伝えします!

コンテストに向けて頑張ってきた学生の皆さん本当にお疲れ様でした!
次は、学園祭に向けて頑張りましょうね。

因さんの作品
因さんの作品

戸根くんの作品
戸根さんの作品


平本さんの作品

杉田さんの作品
杉田さんの作品






 

洋菓子コンテスト 4名受賞!

2014.06.27 Friday

 

先月、マリンメッセ福岡にて「福岡県洋菓子技術コンテスト大会」が行われました。

この大会は、プロのパティシエが対象で様々な部門で技術を競い合います。

その中にはジュニア・エコール部門という製菓専門学校の学生対象の部門もあります。

今年もナカムラの学生も参加!

そしてなんと!この部門の入賞者5名中4名が中村調理製菓専門学校の学生でした!

入賞者

因 沙也加さん(中村学園女子高校 出身)

平本 綾香さん(長崎県立壱岐高校 出身)

山下 紗恵香さん(熊本県立菊池農業高校 出身)

松藤 もも子さん(長崎国際大学 出身)







 

平本さんと松藤さんは、先日フランス短期留学から帰国したばかりの学生です。

フランスに出発する前に作品を完成させたそうです。
今回のこの受賞もフランスで聞いたそうです。

 

今回入賞した学生も、残念ながら入賞できなかった学生も本当にお疲れ様でした。

今度は10月に東京で開催される全国大会、ジャパンケーキショーで日本一を目指してくださいね♪


フランス短期留学から学生たちが帰国しました

2014.06.26 Thursday

ナカムラの製菓技術科2年生の選択プログラムにフランス短期留学というものがあります。
これは、3月から6月の3か月間、フランス・トゥールの語学学校と専門学校に短期留学するものです。







期間中は学生は地元のフランス人家庭にホームステイします。

その学生たちが、先日、全員無事に福岡空港へ戻ってきました。
戻ってきた学生たちはなんだかたくましくなってきたように思えました。

留学していた皆さん!まずは日本でゆっくり心身を休めてくださいね。
みやげ話はまた後日たっぷりと聞かせてください。
本当にお疲れさまでした!







中村調理製菓専門学校の短期留学
http://www.nakamura-s.com/chori/life/overseas-seika.html

製菓フランス短期留学

2014.06.10 Tuesday

ナカムラで製菓を学ぶ2年生、希望者のみですが、90日間のフランス留学に行くことができます。

フランス政府認定の製菓専門学校で、200時間もの製菓実習を行い、もちろん授業はすべてフランス語!
今まさに、フランス中部にあるトゥール、その遠い空の下、ナカムラのパティシエの卵たち十数名が一生懸命夢に向かって勉強をしています。

先日、日本の先生宛にメールがありました。ちょっとご紹介しますね!

「フランスのお菓子は、日本とは色の使い方からデザインから違うと感じました。日本は、食べ物らしい色で作っていて、フランスは食べ物らしくしようとしない、色使いがとてもきれいなケーキが多いです。固定概念にとらわれず、色鮮やかに作り出しているケーキは、味だけでなく、見た目からのギャップなど、ケーキに面白さもあり、すごく楽しみながら食べることが出来ます。
お菓子の楽しみは、味わうだけでなく、その他にも、驚かせたり、楽しませたり、することができるところもあると分かりました。また、人の感情を動かすことができるんだとわかりました。落ち込んでいるとき、疲れているとき、そんなときに食べるととても元気が出ます。食べた人に、元気や楽しさ嬉しさを与えることができるんだとわかりました。」

長いようで短い90日間、フランスという素晴らしい環境の中、たくさんの経験をし、様々なことを感じ、過ごしているようです。
フランスで頑張っているパティシエの卵たち。帰国まであと少しです。




 

| | 1/11PAGES | >>

カテゴリー

最新の記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

アーカイブ

リンク

  • 資料請求
  • 体験入学

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

福岡で調理、製菓、製パン技術を学ぶ 中村調理製菓専門学校

Copyright ©Nakamura senshu gakuen. ALL Rights Reserved