40年前の学校広告

2016.08.24 Wednesday

今から40年前の学校広告

西日本新聞に福岡の昔の町並みの特集(チンチン電車が走った街)記事が掲載されていましたが、その中で、40年前の福岡を走っていたチンチン電車に本校の学校広告の写真が旧校名の「中村料理学院」で載っており、本校の教員がその新聞記事を持ってきてくれました。
 

 

 

当時の学校名「中村料理学院」から、40年の時間の流れの中で、時代の変化にあわせて学校名も場所(当時 中央区大手門、現在 中央区平尾)も学科も大きく変わり現在に至っています。

たかが学校広告、されど学校広告。
67年にも及ぶ本校の長い歴史を感じるワンシーンの写真でした。

 

 

 

中村調理製菓専門学校の歴史・伝統について

http://www.nakamura-s.com/chori/about/history.html

 


オリンピックで提供された料理とは?

2016.08.16 Tuesday

リオオリンピック、日本のメダルラッシュで盛り上がりをみせていますね。

時差の関係で、ほとんどが日本の夜中の実施ですから、寝不足の方も多いのではないでしょうか。

 

今回のリオオリンピックの次はいよいよ2020年東京オリンピックの番です!
今から遡ること52年前の1964年には前回の東京オリンピックが開催されました。

その選手村で提供された料理のレシピの一部が本校に残っており、日本の魅力を再発見することをコンセプトにした月刊誌「Discover Japan 9月号(8月6日発売)「オリンピックの遺産と革新」特集」に掲載されました。

 


当時の選手村の総料理長・馬場久氏(日活ホテル)と料理長・村上信夫氏(帝国ホテル)が本校の特別講師を務めていたため、遺品の一部としてこのレシピが本校に残っていたのです。

本校保管のレシピはアルゼンチン、グアテマラ、パナマの3カ国の料理レシピですが、華やかなオリンピックを食の面で支えた努力

が垣間見られるレシピでもあります。

 

 

 

 

Discover Japan 9月号(8月6日発売)「オリンピックの遺産と革新」特集、是非ご覧ください!

 


 


「大人が行きたいうまい店2 福岡」に多数の卒業生のお店が掲載!

2016.07.28 Thursday

福岡の飲食店を特集した「大人が行きたいうまい店2 福岡(株式会社エフエム福岡発行)」が7月に販売されました。

 

この雑誌では、食の魅力溢れる福岡において、評判の高い選りすぐりの店が掲載されています。
その中で、うれしいことに本校卒業生がオーナーもしくは料理長を務める店舗が数多く掲載されていました!
 

今後も卒業生の活躍を教職員一同楽しみにしています!

 

 

<掲載ページ順に表記しています>

● Trattoria PORCELLINO ※24ページ掲載

(トラットリア ポルチェリーノ) 

イタリア料理 藤 達也さん (平成3年度卒業)

 

● MANDARIN MARKET 文華市場 ※31ページ掲載

 中国料理 山北 裕児さん (平成6年度卒業)


● 真心 ※35ページ掲載

 中国料理 原田 泰憲さん (平成3年度卒業)

 

● L'eau Blanche(ローブランシュ)※43ページ掲載

 フランス料理 白水 鉄平さん (平成13年度卒業)

 

● 井本 ※57ページ掲載 

日本料理 井本 達也さん (平成20年度卒業)

 

● 十石かじはら ※57ページ掲載

日本料理 梶原 恵さん (平成17年度卒業)

 

● 白金にし田 ※58ページ掲載

日本料理 西田 慎吾さん (平成11年度卒業)

 

● イタリア食堂 SACCO(サッコ) ※86ページ掲載

イタリア料理 薙野 耕平さん (平成11年度卒業)

 

● Ricetto(リチェット) ※89ページ掲載

イタリア料理 有吉 昌也さん (平成10年度卒業)

 

● 酒肆ちろり ※121ページ掲載 

日本料理 小吉 唯幸さん (平成15年度卒業)

 

● 讃岐うどん 茶ぶ釜 ※127ページ掲載 

日本料理 岩村 定徳さん (平成13年度卒業)

 

 

 

 

est nakamura (エスト ナカムラ)

身近に「ある」ナカムラ卒業生のお店 

http://www.nakamura-s.com/est/


福岡県洋菓子技術コンテスト4賞独占受賞!

2016.06.06 Monday

2016年5月に開催された「福岡県洋菓子技術コンテスト大会」エコール部門(学生部門)において、4つある賞のすべてをナカムラの学生が受賞するという快挙を成し遂げました。
福岡県を中心とした製菓系専門学校に在籍する数多くの学生作品がノミネートされるこのコンテストですが、全ての賞を本校学生が独占したのは2013年・2015年に続きなんと3度目となりました。

これだけの結果につながっている指導について、製菓教員 山木健太郎先生に伺いました。
「コンテストに向かって努力することはもちろん、普段からどんなことにも前向きに、そして一生懸命に取り組むことができる学生が、コンテストでよい結果を出していますね。私たち教員は、技術的アドバイスはもちろん、学生がコンテストに向け、切磋琢磨できる環境を作ることを、一番に心がけています。」

また、今年も学生のみならず本校教員・本校卒業生も学生部門、一般部門で19賞受賞!

表彰式では、在校生・教員・卒業生が集まることができ、喜びを分かち合っていました。


受賞者
エコール部門(学生部門)
最優秀賞
安武 未来さん(佐賀県立牛津高等学校出身)



優秀賞
片山 楓恋さん(大分県 別府溝部学園高等学校出身)


優秀賞
田原 奈津紀さん(熊本市立必由館高等学校出身)



優秀賞
中島 諒子さん(佐賀県立唐津西高等学校出身)



ジュニア部門
最優秀賞
増澤 美由紀先生(中村調理製菓専門学校教員)



優秀賞
嘉村 みなみ先生(中村調理製菓専門学校教員)

 

小型工芸菓子部門
優秀賞
馬場 雪美先生(中村調理製菓専門学校教員)




<受賞したナカムラ在校生・卒業生・教員集合写真>


中村調理製菓専門学校 コンテスト受賞歴(製菓系学科)
http://www.nakamura-s.com/chori/seika/contest.html


合同企業説明会を実施しました!

2016.06.03 Friday

合同企業説明会を実施しました!


昨年に引き続き、中村調理製菓専門学校の卒業年次の全学生を対象とした合同企業説明会を本校内で開催しました。

この説明会には地元福岡をはじめ、東京・大阪など全国のホテル、専門店、ブライダル企業が計50社もご参加いただき、個別にナカムラの学生に企業説明をいただきます。

参加企業の中には社長自らご説明いただく企業もあり、給与や待遇だけでなく、企業の目指す方向や企業運営の思いも理解することができたのではないでしょうか。

どこで学ぶかも大切ですが、はじめにどこに就職するかはもっと大切です!

本校学生は多くの企業からの説明を一度に聞くことができ、就職に対する意識が大きく高まったことは、間違いありません。





<主な参加企業>
―ホテル
・ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
・ホテル軽井沢1130
・大分オアシスタワーホテル
・ホテルニュー長崎 等

―専門店
・京料理 木乃婦
・人形町 今半
・料亭 嵯峨野
・四川飯店
・平松
・フランス菓子 ジャン・ドゥ
・銀のスプーン
・パティスリー イチリュウ 等

※多くの卒業生も後輩達の為に説明に来てくれました。

●アニヴェルセル蝓淵屮薀ぅ瀬襦法^妥直融劼気H25.3卒(精華女子高校出身)


●左:オゥポワブル(製菓) 鶴田和紀さんH25.3卒 (太宰府高校出身)
●右:製菓実習教員 山木健太郎先生


●右:かがし屋(製パン) 岩本弦樹さんH28.3卒(福岡農業高校出身)
●左:製パン実習教員 山本真吾先生


●左:五洋食品産業蝓弊讐曄法仝教子さんH26.3卒(福岡魁誠高校出身)
●右:製菓実習教員 柿添聡子先生


●左端:石橋工業蝓米本料理) 佐々木瑠華さんH28.3(福智高校出身)
●その他4名:ナカムラの学生たち

中村調理製菓専門学校 就職・独立開業
http://www.nakamura-s.com/chori/employment/

| | 1/166PAGES | >>

カテゴリー

最新の記事

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

アーカイブ

リンク

  • 資料請求
  • 体験入学

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

中村調理製菓専門学校 Copyright 2012 Nakamura senshu gakuen.
所在地
〒810-0014 福岡市中央区平尾2-1-21
TEL
(092) 523-0411
FAX
(092) 521-0951
E-mail
staff@nakamura-s.com

中村国際ホテル専門学校

福岡で調理、製菓、製パン技術を学ぶ 中村調理製菓専門学校